JIFU travel 副収入にもなるのか?

JIFU travelは、世界最安でホテルや航空券などを予約できることが最大の魅力です。有名なエクスペディアに比べても、半額以下でホテルを予約できるのは衝撃的ではないでしょうか。

更にJIFU travelは、アフィリエイトパックを活用することで副収入を得られる可能性も秘めています。

では、なぜ報酬が発生するのかと言うと、JIFU travelはMLM(マルチレベルマーケティング)によってサービスを広めていこうとしているからです。簡単に言うと口コミで拡散してくれたら、お礼として報酬をあげるよということです。

MLMと言うと聞こえが悪かったり、ハードルが高いと感じるかもしれませんが、商品やサービスによってはその限りではないのかなと思います。

そいうった意味でJIFU travelは、「ホテルや航空券を安く予約できるよ」の一言で明確にメリットが伝わるので、セールスの必要もあまりないのかなと思います。

安く予約できるなら使ってみたいと思う方は一定数いますし、興味を持ってくれた人にだけ話せばいいんです。

自分が使っていて良いと思った商品を「これいいよ」と言ったことある方も多いと思いますが、それの延長線というイメージで収入になる可能性を秘めているのが、JIFU travelかなと。

大半の人が興味のない、化粧品・シャンプー・サプリ・フライパンなどを売りつけるのとは、全くの別物だと思います。

JIFU travel 副収入はどれぐらい入るのか?

副収入になり得ることは、おわかり頂けたかと思うので、具体的にどれぐらいなら稼げるのかということについても触れておきたいと思います。

結論から言うと、月に数百万円稼ぐことも可能です。

JIFUが日本に入ってきてまだ一ヶ月程度ですが、既にかなりの金額を稼いでいる人も実在しています。ただし、これはかなりの人数を紹介する必要があるため、副業として片手間程度に行う場合は、現実的とは言えません。

副業として考えた場合、月に10万円程度が現実的な数字と言えるのかなと思います。

理由としては、直紹介を2人&ゴールド会員になるだけで10万円近い報酬を得る条件を達成できるからです。

JIFUは日本に上陸して間もないので、アップからのおこぼれが付く可能性も高いですし、自分が紹介した以上の報酬を得られる可能性もあります。

月に数万円だったとしても副収入としては十分な額なのではないでしょうか。

副業が禁止されている場合でも出来る?

近年では副業を容認する企業も徐々に増えてきてはいますが、まだまだ禁止というところも多いです。

JIFUに参加して、副収入を得たいけど会社にバレて問題になったら本末転倒ですよね。

でも安心してください。しっかりと理解していれば会社に副業がバレることは有り得ません。

副業が会社にバレてしまう理由は、翌年の住民税が原因です。きちんとした手続きを行わないと、副業で稼いだ金額が会社の給与所得に上乗せされて税金が計算されてしまうため、年末調整時にバレてしまうのです。

つまり、副業で稼いだ金額が会社側に伝われなければ良いので、副業で稼いだ分は自分で納付すればバレることはありません。

自分で直接納付するには、“特別徴収”ではなく“普通徴収”にする必要があります。

確定申告をする際に、住民税の徴収方法で「自分で納付」を選択することにより“普通徴収”が可能になり、会社側に副業がバレることはありません。

・確定申告書Aの場合

・確定申告書Bの場合

確定申告は、副業収入が年間20万円以上の場合に必要になりますので、そもそも20万円未満の場合は申告する必要がありません。