JIFU travelは2019年初夏に日本上陸を果たし、インスタグラムなどのSNSを中心に話題になりつつあります。

魅力は何と言っても“世界最安値”でホテルや航空券を予約できるサービスですが、他にもクルーズやコンドミニアムを予約できたりもします。

JIFU は、一般的に安いと言われる大手旅行予約サイト(エクスペディアなど)とキャッシュポイントやマーケティング面での差別化を図り、卸価格のまま提供することで最安値を実現しているわけですが…

JIFUの採用しているMLM(マルチレベルマーケティング)を使って、旅行系のサービスを扱っている会社は過去にもありました。

旅行系MLMの代表格

・ワールドベンチャーズ
・リゾネット
・インクルーズ

このような旅行系MLMと比べて、JIFUはどのような違いを持っているのかについて見ていきたいと思います。

ワールドベンチャーズとJIFUの違い

ワールドベンチャーズは今回比較する中で最もJIFUに近い立ち位置のMLMです。

概要について見ていきましょう。

ワールドベンチャーズの概要

・2005年にアメリカで設立(日本法人なし)
・世界29カ国以上に展開
・会員数は350万人以上
・ユーザー会員費用(報酬なし)→登録料280ドル+会費684ドル/年=964ドル~
・ビジネス会員費用(報酬あり)→登録料380ドル+会費684ドル/年=1044ドル~

早速比較してみると、一番大きな違いは会員費用にあります。

JIFUはユーザー会員であれば登録料を含めても年間350ドルに対して、ワールドベンチャーズは964ドルです。

ユーザー会員は報酬が発生しないため、単純に安く旅行に行きたい方が会員になります。

ワールドベンチャーズの場合、年間約10万円の会費を支払うことになるわけですから、会員費を考えたらエクスペディアで予約したほうが安かった…なんてこともザラにありますよね。

一方でJIFUは年間3万円ちょっとの会費なので、下手したら1回旅行に行くだけで元はとれてしまいます。

MLMは、会員が商品やサービスのメリット・コスパの良さを感じていなければ遅かれ早かれ退会してしまうのが常です。

そういった意味でJIFUの方がコスパに優れており、“会員費を含めても安い”という利用者のメリットも明確なので、一度広まれば組織は崩れにくいと言えるでしょう。

また、ワールドベンチャーズはクーリングオフの苦情が多いようですが、JIFUは7日以内に申請すれば返金してもらえます。

リゾネットとJIFUの違い

リゾネットは15ヶ月間の業務停止命令を受けてしまいましたが、同じ旅行系MLMとして有名だったので比較していきたいと思います。

リゾネットの概要
・2006年設立、日本法人
・全国16箇所に自社施設を所有
・会員は1,500円ほどで自社施設に宿泊可
・入会金→17万円,月会費13,500円

概要をご覧頂いただけで気づいた方も多いかと思いますが、リゾネットは圧倒的にコスパが悪いです。

入会金17万円も高すぎますし、いくら1,500円で自社施設を利用できると言っても年間162,000円の会員費は割に合わないと感じる方が多いはずです。

繰り返しになりますが、MLMは会員がメリットを実感できないと絶対に長続きはしません。

ではなぜ取り上げたかというと、MLMにおいて重要な部分がJIFUと違います。

それは何かというと、法人がどこの国に置かれているからということです。

リゾネットのように日本法人の場合、当然ですが日本の法律に従ってビジネスを進めていくことになります。

一方でJIFUのように日本法人がなく、アメリカに法人が置かれている場合はアメリカの法律に従うことになります。

語弊があるかもしませんが、日本では特定商取引法が厳しいため、活動においてダメ出しされてしまうことが多いのです。

リゾネットが業務停止命令を食らってしまったのも、日本法人だからというのが少なからず関係しているはずです。

JIFUの魅力としてSNSやMLA(マルチレベルアフィリエイト)との相性が良いという点もあげられますが、これはアメリカに法人があるからこそ為せる技とも言えるでしょう。

インクルーズとJIFUの違い

インクルーズの概要

・格安で豪華客船旅行に行ける
・150ヶ国以上に展開
・会員数5万人以上
・登録費1万円,ビジネス会員費12万円/年

JIFUはホテル予約がメインですが、クルーズ予約も行っているので豪華客船旅行のMLMで有名なインクルーズとの違いについても触れておきます。

まずは会費についてですが、JIFUは報酬が発生するアフィリエイト会員でも年間約5万円(ユーザー会員なら約3万円)に対し、インクルーズは12万円です。

ホテル・航空券・クルーズ・コンドミニアムなど様々な予約ができるJIFUに対し、客船のみの予約しかできないインクルーズの方が高いので、コスパの良さを考えたら圧倒的にJIFUに軍配があがると言えますよね。

インクルーズは登録料が安いため気軽にビジネスができると謳っていますが、月会費を考えたらコスパが良いとは言えません。

更に言うとクルーズをしたい!という方がどれだけいるのかを考えてみましょう。

確かに豪華客船というと惹かれる方も多いと思いますが、普通の旅行に比べて経験したことのある人は少ないはずです。

自分が経験したことのないサービスや使ってもいない商品を人に紹介して稼げる人は極一部です。

そういう意味でもJIFUは旅行全般を取り扱っていて、誰でも安いというのが理解できるので、紹介しやすかったりします。

最後に余談にはなりますが、JIFUでクルーズに行くと逆に儲かってしまう事もあります。

そんなうまい話あるわけないじゃん!と思われるかもしれませんが、しっかりと理屈で説明できますので、詳細が気になる方はコチラの記事をご参考ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事ではJIFUと他の旅行系MLMとの違いについて見てきました。

旅行系に限らず、MLMで最も重要なことは会員がメリットやコスパに満足できるかどうかです。

強引な勧誘により一瞬組織が大きくなっても、商品やサービスに魅力を感じ続けられなければ、いずれ破綻します。

MLMに限らず、需要のないサービスや商品は淘汰されてしまう時代です。

そういった意味では、旅行という高い需要の中でコスパの良さを確実に実感できるJIFUは長続きしやすいと言えますよね。

1年に1,2回くらい旅行する人であれば十分元が取れますし、旅行好きなら使わない手はないと思います。