JIFU travelはMLMなので、ホテルなどを安く予約できるだけでなく、紹介報酬を得ることもできます。

ですが、実際のところ稼げるのか?稼げないのか?気になる方も多かと思います。

今回はJIFU travelで稼ぎやすい人、稼ぎにくい人について解説していきます。

JIFU travel 稼げない?稼げる?

結論から言うとJIFU travelで稼ぐことは十分に可能です。

日本上陸を果たしてから1ヶ月程度ですが、既に稼ぎまくっている人も実在しています。

ですが、既に大金を稼いでいる人はMLMに慣れていたり、他のビジネスで成果を挙げている人が多く、全員が全員稼げているわけではありません。

そんなことを言ってしまうと、「じゃあおれには無理そうだな」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

実際にMLM初心者でも、ある程度の組織を構築して稼いでいる人は一定数います。

ではなぜ同じ初心者でも差が出てしまうのか?

稼げる人と稼げない人の特徴について解説していきたいと思います。

JIFU travelで稼ぎにくい人

1,依存体質の人

これはJIFU travelやMLMに限った話ではありませんが、依存体質の人は稼ぎにくいです。

MLMの営業トークで「上の人が優秀なら勝手に報酬が入るよ」などと権利収入を謳う場合がありますが、これは半分本当で半分嘘です。

MLMの種類にもよりますが、バイナリー組織を用いている場合に勝手に報酬が発生する場合も確かにあります。

ただ、これは極一部の運が良い人の話であって、なかなかそう上手くはいきません。

特にJIFU travelの場合は、報酬を発生させるために“最低でも直紹介を2人出す”必要があります。いくら上からのおこぼれが降ってきたとしても、何もしないで稼げることは有り得ません。

2,旅行に全く興味がない人

JIFU travelは、ホテルや航空券を安く予約できるサービスです。

ビジネスマンが出張の際に利用したりもすると思いますが、メインは旅行に行きたい人が多いでしょう。

当たり前ですが、稼ぐためには紹介する必要があるので、そもそも自分がサービスに魅力を感じていない場合、稼げる可能性はかなり下がります。

MLMに慣れていたり、営業スキルに長けている人はこの限りではないと思いますが、一般的には自分自身が興味のないものを他人に紹介するのは難しいです。

逆に自分が良いと思ったものを紹介することは、できる人も多いのではないでしょうか。

女性なら良いコスメを共有したりすることも多いですよね。そのような感じに近いです。

JIFU travelで稼ぎやすい人

1,SNSを使いこなせる人

現代ではSNSの発達が著しく、ネット上で影響力を持つ人が増えてきました。YouTuberやインフルエンサーと呼ばれる人たちまで出てきています。

さすがにそこまでの影響力を持っている人は少ないと思いますが、SNSをある程度使いこなせる人はJIFUに向いているとも言えるでしょう。

例えば、「JIFUを使ってコスパ良く旅行にいった際に〇〇に〇〇円で行ってきた!」などとSNSにアップしたら、興味を持った人が反応してくれる可能性もありますよね。

JIFUの会員になるとバディパスというクーポンを貰えるので、興味を持った人に「試しにこれ使ってみて」と言うだけでも可能性は大いに広がります。

バディパスを使った人に対して、JIFU側からのアクションもあるので、営業をせずに会員になってもらえる可能性すらあります。

MLMと言うと対面営業の印象が強い方もいると思いますが、JIFUはオンラインで完結できるというのもメリットの1つと言えるでしょう。

2,旅行が好きな人

旅行が好きな方もJIFUに向いていると言えるでしょう。

大手予約サイトを使って年に3回以上旅行に行くという人は、稼げる稼げない関係なくJIFUの会員になった方がお得だったりもします。

実際に使ってみることによりJIFUの良さを体感できれば、友達などに紹介する際も話しやすいですよね。

MLMは紹介ビジネスなので、自分自身でサービスや商品の良さを感じているかどうかが非常に重要です。

良いと思えないものをお金のために売りつけるのは苦痛である人が多いと思いますし、押し売りは信用を失ってしまう可能性もありますよね。

そういった点で、旅行が好きな人は自分の体験談を元の同じ旅行好きなどに紹介することができるので、JIFUに向いていると言えるでしょう。