JIFU travel が日本上陸した時期

JIFU travelの会員登録が日本で本格的に始まったのは、2019年の6月頃です。

世界で登録が始まったのは2019年の2月ということで、約4ヶ月ほど遅れて日本上陸を果たしたということになりますね。

アジアでは、日本に先立って韓国でオープンしていたりもします。なぜ韓国が先なのかと言うと、JIFU travelが採用しているMLM(マルチレベルマーケティング)市場が右肩上がりで成長しているためです。

JIFU travelの会員数

JIFU travelは、サービスを開始して間もないため、会員数はまだまだ多くありません。

2019年6月現在の会員数は、世界全体で10,000人前後、日本では1,000人前後と言われています。

同じ旅行系サービスであるエクスペディアの利用者数などに比べると足元にも及ばない数字ですが、価格が比較にならないぐらい安い(他サイトに比べ最大82%オフ)ので、加速度的に会員数が増えていく可能性も十分にあると思います。

アフィリエイト会員なら早めに登録したほうが良い?

早めに登録したほうが良いかは、JIFU travelをどのように活用していきたいかによって異なります。

ビジネスとしてアフィリエイトパックで会員登録を考えている方は、早めに登録した方が良いと言えるでしょう。

理由としては2つ挙げられて

①MLMは、基本的に先行者の方が利益を生み出しやすい仕組み
②JIFU travelのサービスに改善の余地がある

まず①についてですが、報酬体系の1つであるバイナリー組織においては、自分の直下に2人までしか配置することが出来ないため、3人目からは自分のダウンに配置していくことになります。

つまり先行者の方が、上から溢れた登録者をダウンに付けられる可能性が高く、報酬アップに繋がりやすいのです。

これがMLMは上層部に入らないと稼ぎにくいと言われる理由の1つです。

②のJIFU travelに改善の余地があるという点については、ネガティブなことと捉えがちですが重要なポイントです。

というのも、サービス自体が完璧に近いものになればなるほど登録者は増えやすくなります。

つまり、みんながJIFU travelは良いよ!という段階に入ってから登録すると上層部に入りづらくなり、報酬が低くなりやすいです。

アフィリエイト会員として登録を考えている人は、日本での登録者が1,000人前後の今がチャンスとも言えるでしょう。

サービスを使うだけなら焦る必要はない

紹介はしないという方は、急いで登録するメリットがないので、焦る必要はありません。

むしろ会員制で毎月費用が発生することを考えると、サービスが充実してから登録した方がコストパフォーマンスも高いと言えますね。

また、既存会員からバディパスというクーポンを貰って割引サービスを受けられる制度もあります。

会員になるか迷っている方は、バディパスでサービスをお試ししてから判断してみるという手段をとっても良いかもしれません。

バディパスが欲しい!という方は、下記ライン@よりご連絡頂ければ無料で配布させていただきます。毎月枚数に限りがあるので、先着順となりますがご了承ください。